明治37年  中須組を中須善吾(初代社長)が設立。
 明治42年10月鐘淵紡績株式会社 高砂工場の操業により製品の運搬、
 石炭の水揚げ運搬等請負う。
 大正3年9月 播丹鉄道が高砂まで開通する。(加古川へは明治21年に開通する)
 
 
 
大正11年  中須半介 二代目社長就任。
昭和11年  鐘紡人絹工業(株式会社カネカ高砂工業所)の新設により輸送、荷造り及び
 沿岸荷役の総ての作業を専属的に請い業務を拡大。
 
昭和13年  本店を高砂市高砂町に新築。
昭和15年  堀田三郎 三代目社長就任。
昭和25年  高砂通運株式会社を設立し、通運事業に加え自動車運送事業も開始。
 昭和29年7月 高砂市誕生。
 
昭和32年  三菱鉱業セメント株式会社と取引開始。(運送、沿岸)
昭和37年  三晃商事株式会社設立。
 武田薬品工業株式会社、ハリマ化成株式会社と取引開始。
 
昭和44年  関西菱光コンクリート工業株式会社 加古川工場が新設。
昭和45年  菱高運輸株式会社を設立、生コンの運送を開始。
 本店にオフィスコンピューター導入。
 
昭和46年  堀田敬二 四代目社長就任。
 本社を高砂市荒井町に移転する。
 
昭和47年  住友ゴム工業株式会社と取引開始。
昭和49年  高砂機工株式会社を設立。
昭和51年  高砂メンテナンス株式会社を設立。
昭和54年  高砂菱光コンクリート工業株式会社を設立。
昭和55年  山村硝子株式会社 播磨工場新設により取引開始。
 (工場内作業、沿岸荷役、製品の入出庫など)
 
昭和56年  三菱重工業株式会社と取引開始。
昭和57年  高砂輸送サービス株式会社を設立。
昭和61年  播磨機工株式会社を設立。
平成 1年  旭硝子株式会社、アサヒカーゴ株式会社、大王製紙株式会社と取引開始。
平成 4年  三晃グループ本社ビルを高砂市高砂町に新築完成。
 平成7年1月阪神淡路大震災発生
 
平成 7年  高砂通運株式会社 車輌部新事務所完成。
平成 9年  播磨機工株式会社 定温倉庫新築完成。
平成12年  グループ会社パソコンネットワーク本稼動。
平成14年  堀田真弘 五代目社長就任。
平成16年  創業100周年を迎える。
平成21年  高砂菱光コンクリート工業渇チ古川工場 国交省大臣認定取得
 高砂通運鞄熏q船による輸送開始
平成22年  サントリープロダクツ鰍ニ取引開始
平成27年 高砂通運株式会社旧本社復元
平成29年 高砂通運株式会社旧本社 国登録有形文化財に認定
高砂菱光コンクリート工業株式会社 加古川工場を新装
Copyright (C) 2005 Sankoh Group. All rights reserved.