平成18年度新入社員フォロー研修を行いました。

 平成18年10月30日、三晃グループ新入社員フォロー研修を行いました。入社してはや7ヶ月、それぞれの職場でがんばっている同期の仲間と久しぶりの再会です。そんな中、いざ研修がはじまると、上司・先輩の話には熱心に耳を傾け、コミュニケーションスキルを学ぶ場では、若者らしい活発な意見が飛び交うなど、入社直後とは見違える姿、表情を見せてくれました。以下は、その研修風景と詳細です。  


研修日時
平成18年10月30日(月) 9:00〜17:30
研修目的
これまでの社会人生活を振り返り、職場の一員としてこれからの行動のあり方を考え、意識づけを図る。
受講者
平成18年度 新入社員9名 (高砂機工 5名、播磨機工 3名、三晃商事 1名)
研修カリキュラム
・各職場のスキルマップに現在の業務習得状況を記入 (研修前課題として、職場上司と新入社員がそれぞれスキルマップを作成)
・近況報告 (1分間スピーチ)
・入社後7ヶ月の仕事面と生活面を振り返り、今後の目標を決める (自身の強み、弱みを書き出し、表にまとめる)
・“学ぶ力”について考える (ブレーンストーミングの手法を用いる)
・ワード・エクセルの基本講習 (ビジネス文書作成・グラフ作成)
・上司との個別面談 (スキルマップ・振り返り表、基本行動チェック表などを基に、現在の状況確認、悩み、今後の目標などについて面談)


研修を終えて
 今回の新入社員フォロー研修のプログラムは、全て自社で考え、用意したものです。講師も、先輩社員が務めるという、まさに”手作り”の研修でした。準備段階において、新入社員の方々に、真剣に取り組んでもらうにはどうすればよいか、学び多きものにするにはどうすればよいかを、徹底的に考え抜きました。そして、当日。その真剣な気持ちは新入社員の方々に見事に伝わりました。(この真剣な表情を見てもらえれば、おわかりいただけると思います)皆、何かを掴んで、各職場に戻ってくれたはずです。さらなる活躍を心から願っています!

最新のトピックスへ戻る
Copyright (C) 2005 Sankoh Group. All rights reserved.