リーダー研修にて レガッタを体験してきました。

 平成22年08月14日 リーダー研修のプログラムとして「レガッタ体験」を行ないました。
レガッタとは原動機のない船を使った、複数の人数によるボート競技です。
今回使用した艇は、4人の漕ぎ手と1人の舵取りの計5人で漕艇するもので、舵取りの掛け声で4人がオールを漕ぐというものです。
 インストラクターによるレクチャーを受け、実漕開始。
初めは漕ぎ手4人の息も合わず、なかなか前進すらままならない状態でしたが、最後は2艇によるレースが出来るまでに上達しました。
オールを漕ぐという単純な動作を、ただ息を合わせて行なえば、艇は風を切るスピードで進んで行きます。
逆に、漕ぎ手4人の息が合わなければ、なかなか思うように進みません。
この中に、共同作業の大切さ、仲間との連帯感、そしてレガッタの面白さを体感することができました。

 今回の参加者全員が初心者でしたが、男女含めて全員が楽しかったとの感想です。
みなさんもぜひやってみては?オススメです。


まずは準備

倉庫には様々な艇が

不安と緊張の出発

川の上で休憩

昼食タイム

お借りした艇を清掃します

両チームとも充実した一日を過ごすことが出来ました
最新のトピックスへ戻る
Copyright (C) 2005 Sankoh Group. All rights reserved.